お相手はさくらちゃん

レズのお相手はさくらちゃん

事務所でドキドキして待っていると、女の子が連れられてきました。店長に言われてみた瞬間!本当に心が打たれました。

 

そして今までにないくらい、恥ずかしいくらいの緊張。。。こんなことになるとは想像もつかなかったけど、まともに見れなくてちょっとしたあいさつくらいで、後は無言になっちゃいました。そのくらい可愛い女の子。

 

事務所のあるマンションとは違うところにプレイルームがあるということで、そこまでは2人で行くことに。会話もほとんどすることなく、微妙な距離感となんとも言えない空気の中、プレイルームに到着。たった3分くらい歩いただけだけど、すごく長く感じました。

 

到着したのはワンルームマンション。一人暮らしの友達の家と言うカンジで、ベッドとテーブルがあって、本当に普通の女の子の家に遊びに来ました〜と言うカンジです。でも、棚をふと見るとタオルだらけで・・・あ、この子の部屋じゃないんだなって、これだけで実感させられます。

 

ムンムンした部屋にクーラーをつけると、彼女に誘われベッドに座った。アイドル級の可愛い顔に、150センチくらいの小さい体。ふわふわした髪の毛でフェミニン系なちょっぴり落ち着いた感じだけど、年齢的にはまだ若くて20代前半かな?ってカンジ。

 

いつもなら女の子に軽くしゃべりかけたり、直球プロポーズなんてこともできちゃうのに、今日はなんか・・・ムリ!そんな雰囲気というか彼女が出すオーラなのか不思議な雰囲気に包まれながら、名前を聞いてみた。そんなことすら忘れているなんて、緊張している証拠かもしれませんね。

 

やっと「さくら」と言う名前を聞くことができて、名前がわかっただけでも、一歩近づいた気になれました。