アジアクィアスタディーズ国際学会に参加しました!

2005年7月7日〜9日、3日間タイの首都バンコクでアジア初の「Sexualities,Genders And Rights in Asia」(bangkok2005.anu.edu.au/)クィアスタディ国際学会が開催されました。

 

この学会は、アジア各国・欧米、それらに関する地域で「クィア」と言われる
同性愛/バイセクシャル/トランスジェンダー/トランスセクシャル
などの人やそれらのことを研究している人の学会です。

 

参加登録者はなんと!500人以上。

 

そのうち発表を行ったのが175人で、そのうちの3分の1が西洋から、日本はアメリカ、中国に続いて3番目に発表者が多く、内容は主に中国に対するものが多かったです。

 

ちなみに日本人で発表を行った女性は溝口彰子さん、釜野さおりさん、清水晶子さん、堀江有里さん、クレア・マリーさん、出雲まろうさん。
主に日本のクィアな女性のための発表をしていました。

 

 

この学会開催後、2日間各国のクィア研究を繋げるための集会「International Resource Network」も行われました。そんな格別な賢い人たちが参加している学会&集会にも関わらず、無謀にも参加・・・というよりも飛び込んでしまったため「ヤバい」と感じまくりでした。そんな状況の中でも、タイ情報はしっかりとご紹介していきたいと思います。

各国のクィア情報が満載

国際学会というだけあって、ホテルの会議室を4室以上も使い、いくつか同時に研究発表が行われるというカンジでした。ホテルの吹き抜けになっているロビーはとても広く、そこには各国の書籍やチラシなども展示されていました。

 

また開催国のタイの団体が活動をアピールしており、一番目立っていたのが「LESLA」というタイ最大のレズビアン・コミュニティ。この団体はは東南アジア地区でもトップクラスの大きさのレズビアンサイトを運営しています。毎週レズビアンの集会を行っているというLESLAですが、学会の開催期間中は女の子たちがブースを日替わりで担当していました。

 

タイのレズビアンシーンに対して聞いてみたところ、きちんといろいろと教えてくれました。

タイのレズビアン事情記事一覧

 

タイにはレズビアンバーがありません。ゲイバーはありますが「ミックス」という考え方...

 
 

LESLAのお姉さんにタイでモテる女性を聞いてみたところ・・・「見た目ではなく、...

 
 

ゴーゴーバーというのは、気に入った女の子をお持ち帰りできるバーで、入場とみている...

 
 

ゴーゴーバーがある有名地区のなかでも、一番!と言われるのがパッポン。ここは「風俗...

 
 

パッポンがちょっと期待はずれな結果で終わってしまったため、その話を現地駐在日本人...

 
 

ウェイトレスさんたちと雑談をしているときに、気になったウェイトレスがひとり。いか...

 
 

歓楽街での遊びというのは当たり外れがどうしてもあると思います。本当に楽しく遊べて...

 
 

実はタイってレズビアンバーとかができたのは、まだ最近のこと。バンコクにアジア初の...