LESLA NIGHTに潜入

タイにはレズビアンバーがありません。
ゲイバーはありますが「ミックス」という考え方がないので、基本的にハッテン場でなければ、ゲイの集まるところにはセクシャリティ関係なく入ることができます。
ちなみに現地の若者に人気のバーにいきたいなら、地下鉄カンペーンペット駅近くのゲイミックスのクラブ兼用バーへ。地上で駅に背中を向けて大通りを右手に直進すると、オネェハウスのが店の外まで流れる店をいくつか見つけることができると思います。閉店は深夜1時だけど、店の外にも客がいるし、にぎわっているからすぐかわります。

 

もちろん、ミックスだからレズのコもいるんだけど、女性客はオコゲ女子が多いみたい。
♀♀は〜ということで、チェックしてみたところ、LESLAが毎週金・土に集会をしているとの情報を入手!

 

ちなみに金曜・土曜と内容が少し違って、金曜はトークメインの集会。そして土曜日はLESLA NIGHTという500人ほど集まるパーティで、タイ各地から女の子がどんどん集まってきます。

 

DJタイムやライブがあるけど、もちろん女の子メイン!レズビアンバーのないタイだからこそ、LESLA NIGHTはとても大切。どれくらい大切かというと、元々月1だったのか今や週1・・・といえば分ってもらえるかな?と思います。しかも、この会場ではタイ料理もたくさん食べられるのが嬉しいところ♪

 

どんな女の子がいるのかチェックをしてみたところ、タイプ的には日本と変わらないかも。ネコタイプは、長いストレートの黒髪にほっそり体型。タチタイプは、普段着でジャリタチ系ってカンジかな。

 

タイというと首都バンコクがメインになるかもしれませんが、スクンヴィットエリアから車で30分がかかるというのが少々デメリットかもしれません。でも、♀♀パーティとしては言って損はないと思います。インターネットでも情報をチェックできるので、ぜひパーティ参加希望の方はチェックしてみてくださいね。

タイ的女の子との交流法

タイのバーやクラブに行ってみると、誰でも飲んでいるのが「ウィスキー&コーラ」。この人も!?と思うくらい、同じものばかり飲んでいます。

 

女の子に限らず、タイの人は楽しいことが大好きです。そのため、気に入った女の子がいたら、グラスを差し出したら笑顔で乾杯をしてくれます。ニコっと微笑んだら、相手も笑顔になってくれるはず!

 

ちなみにポイントは2つ。
■バーやクラブで、慣れています〜って見せたい時は・・・『ウィスキーはボトルで、コーラと氷は人数×2』これで注文OK!
■携帯番号交換は気に入った女の子なら、その場で交換する。これがタイでは常識!